アカンアカン

貯蓄・負債について

もうちょっと、気になる部分について突っ込むで~。

まず、下のグラフを見たって欲しい。

世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高(R2年)
(二人以上の世帯のうち負債保有世帯)

出典:総務省統計局 (家計調査年報(貯蓄・負債編)2020年(令和2年)貯蓄・負債の概要 (stat.go.jp)

このグラフは負債保有世帯についての統計をとったグラフやけど、みんなこの図見てどう思う?

おっちゃんが見たポイントは、

  • 40歳代ではほぼ3分の2の世帯が負債持ちで、負債が貯蓄の倍に膨れあがっとる
  • 50歳代では過半数の世帯が負債持ちで、やっと貯蓄が負債を追い越し始めたような状況
  • 60歳以上でも2割近くの人がまだ負債を抱えとる

負債については、ほぼほぼ土地や住宅取得のローンやと思うけど、貯蓄との割合がひどくて涙がちょちょぎれてくるんや。

こんな状況やったら、老体にむち打って嫌でも働かなアカン人が続出や。

しっかり会社や社会に滅私奉公してきたんやから、早いうちに働いてもいいし働かなくてもいい状態に家計の状態を持っていきたいとおっちゃんはホントにホントにホントに思うんやで。

みんなは、死ぬときに何を思いたい?振り返れば、お金のために働き続けた人生やったなんて寂しすぎるやろ。

だからお金についてしっかりと考え、学ぶことが大事なんや。

そうせんと、会社や社会の養分になるだけで、花を咲かせる前に枯れてしまうで。