おっちゃん流の資産形成術

その1、貯蓄

まず、貯蓄が必要。貯蓄なくして次の一手はないと思う。

ではその貯蓄をどうするかやねんけど、毎月の生活から残ったお金を貯蓄に回すのでは、なかなか貯まることはないわな。

どうしてもお金っていう奴は、”さあ使って~”ってささやきよるし、我慢してると終いには”使えよ、どうして使わねえんだよ”ってだだこねよるし、ほんまにタチが悪い。

そんなお金の”ささやきやだだこね”に勝てる人間はそうそういない。

自分のお目々には映らんように、始めから遠くに追いやる必要があるわけや。

そこでよく言う強制貯金、つまり天引き貯金や。最初に給料の一定額を別口座に移して、残りのお金で生活する。

ここで必要なことは、どんなことがあっても天引きされたお金には手をつけへんことや。人間は弱いから、何かと理由をつけてはそこに手を伸ばしたなるけど、その貯金だけは死に物狂いで死守しやなあかん。

それともう一つ大事なことは、長いこと貯金したままにしないことや。お金は貯まるけど、次のステップがない。そう、増やすっていうステップがないんや。

せやからある程度貯金が貯まれば運用を検討してみるべきや。ココで初めてお金について真剣に向き合い勉強することになると思うで。

さて、他には天引き貯金と運用を同時にする方法もある。例えば、iDeCoをしたり、投資信託などの定期買い付けをすること。

これなら、ドルコスト平均法(調べてみてな)などを用いてある程度のリスクコントロールもできる。考えてみる価値はあるやろう。

いきなり個別株やFXをやっても高い勉強代を払うことになりかねへんから、こういった投資信託で資産運用をしていくのは、より安全やし、始めのうちはいい勉強になる。

いずれにせよ、意識せずに貯めることが精神的苦痛をともなわへんから、天引きっちゅう方法は原資を確保するのにグッド。月給の10分の1でもいいから天引きしてはどうやろうか?